【働く】のヒントが見つかる仕事情報ブログ|ハタ楽ブログの理念について紹介します。

【徹底解説】 NAR競馬調教師になるまでの流れ・試験内容・受験資格など紹介

競馬調教師にはJRA(日本中央競馬会)調教師NAR(地方競馬全国協会)調教師の2パターンあります。それぞれの調教師になるための順序や特徴にも違いがありますので、今回はNAR競馬調教師について紹介させて頂きます。

目次

NAR(地方競馬全国協会)競馬調教師とは

各競馬場がある都道府県や市町村が主催で行うのが「地方競馬」です。例えば関東では、大井(東京)、川崎(神奈川)、船橋(千葉)、浦和(埼玉)の4ヵ所で地方競馬が行なわれています。これらを運営するのは各地方自治体で、中央競馬のように一括運営されているわけではありません。ただし、地方競馬全国協会(NAR)という組織によって、全国各地にある地方競馬は連携した運営を実現しています。

そして、この各都道府県、各市町村が主催で行うレースに出場する競走馬を調教しているのがNAR競馬調教師です。

地方競馬は中央競馬のように億を超えるような賞金はなく、賞金の格差は生じますが、中にはオグリキャップのように地方競馬でデビューして中央競馬のG1レースを制した馬もいます。

調教師の仕事内容や向いている性格などについてはこちら

NAR(地方競馬全国協会)競馬調教師になるまでの流れ

NAR調教師までの一般的な流れ

NAR(地方競馬全国協会)の調教師になるにはNARが実施する調教師免許試験に合格する必要があります。

しかし、その試験には受験資格がありますので、受験するまでにいくつかの段階を踏まなければなりません。

まず、始めはどこかの厩舎に雇用してもらうことが一般的です。

もし、「いきなり厩舎で働くのはちょっと…」

と思う人がいれば、馬事について学べる専門学校もいくつかありますので、先に学校で学んでから厩舎に就職するのも方法の一つです。その学校については後ほど紹介します。

雇ってもらえたら、厩舎で数年働き、その厩舎の調教師に認めてもらうことができれば、調教師が「ウチには有望な将来の調教師がいますよ!」と各地方の競馬主催者へ相談に行きます。そこで経験や能力などを認めてもらえると主催者側より地方競馬教養センター調教師課程への推薦をしてもらうことができます。

一方で厩舎で経験を積んでから、直接免許試験を受験される人もいます。どちらかといえばこのルートの人の方が多いようです。

その後、調教師課程の受験に合格できれば、調教師課程3週間の研修を受講し、研修を終了したら調教師免許試験に挑みます。ちなみに調教師課程は主催者の推薦をもらった者のみ受験することができます。

JRA調教師免許試験同様にNAR調教師免許試験も非常に難易度の高いものとなっております。この高い壁を無事クリアするとようやく調教師免許交付となります。

簡単に言うとこんな感じです。

それでは段階ごとに詳しく紹介していきます。

JRA(中央競馬)競馬調教師になるための詳細はこちら↓↓

あわせて読みたい
【徹底解説】JRA競馬調教師になろう!(調教師になるまでの流れ・試験内容・受験資格など紹介) 競馬調教師には日本中央競馬会(JRA)の調教師と地方競馬(NAR)の調教師と2パターンあります。それぞれの調教師になるための手段や特徴にも違いがありますので、今回は...

 

まずは厩舎に就職しよう

NAR調教師を目指す場合は、まず厩舎に就職することが一般的です

中には「なんの経験もないのにいきなり働くのは不安がある」という方もあるとは思いますが、一般から就職することはなんの問題もありません。逆に現場で直に競走馬に関わる仕事をしている方が早く経験とスキルを身に付けることができるでしょう。各地の厩舎では人手が足りていない所も多くあるようで、未経験者も気持ちさえあればウェルカムです。

それでも、「やっぱり厩舎に就職する前に勉強しておきたい」という人のために、後ほど、いくつかの専門学校を紹介します。

雇ってもらうことができれば、地方競馬教養センター調教師課程の受験や、調教師免許試験に向けて数年間経験を積みます。

 

厩舎で働く前に通っておきたい専門学校一覧

 

アニマル・ベジテイション・カレッジ

【学校紹介】

騎手、厩務員、乗馬インストラクター養成の各コースで、それぞれの夢の実現をサポートしてくれる。その他のコースとしては、短期間集中型の専攻科、小中学生や社会人が働きながら学べる選択科など多彩なコースを設置し、いつからでも学びをスタートできます。
 また、ホースマンとしての専門知識や技術の習得に加え、人間力の養成を重視したカリキュラムを展開しています。

また、希望をすれば一般の高等学校卒業資格も取得できるサポートもあるので安心です。

東関東馬事高等学院

【学校紹介】

東関東馬事高等学院では全寮制で人を育て、社会人として生きる力を身に付けることができる学校です。

学科は騎手受験特別コース、競走馬の育成コース、高校乗馬活躍コースの3つに分かれます。騎手を目指す人、厩務員や牧場職員を目指す人、馬術選手を目指す人、それぞれの目標に見合った学習スタイルが見つかります。

インターアクションホースマンスクール

【学校紹介】

インターアクションホースマンスクールは、騎手・厩務員・牧場・乗馬クラブへの就職を目指すための学校、高校です。緑に囲まれた、競馬の牧場「ナリタファーム」内に完備された学校施設、学生寮という環境の中、経験豊富な講師陣、特別講師の現役JRA騎手、調教師、元騎手から、技術と知識を学ぶことができます。「高校課程」は、高校卒業資格を修得でき「2年課程」「1年課程」は、原則として高卒者を対象とし、5名以下の少人数制で、中身の濃い充実した授業を行うことで、騎手、厩務員、乗馬インストラクターなどのプロのホースマンを目指します。

国際馬事学校

【学校紹介】

国際馬事学校はJRA美穂トレーニングセンターが近くにある、茨城県稲敷市にある馬の学習をするには最高な学校です。学校名の通り、日本だけではなく、国際的にも通用する優秀な人材育成を目的に設立された学校です。

学習コースは、騎手養成コース、厩務員養成コース、インストラクター養成コース、牧場職員養成コースの4つに分かれますので、それぞれの興味や目標にあった学習スタイルを選択することができます。

上記以外にも大阪ECO動物海洋専門学校など厩舎で働く前に役立つ経験やスキルを学べる学校もあります。

 

就職する厩舎探し

JRA厩舎のスタッフになるには、競馬学校に入学し、卒業後試験を受けなければなりません。

しかし、NAR厩舎スタッフの場合は一般からでも求人を探し、就職することができます。下記のサイトよりお探しください。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

地方競馬教養センター(調教師課程)へ入ろう!

地方競馬教養センターは、地方競馬全国協会が設置する栃木県那須塩原市にある地方競馬の騎手・調教師・調教師補佐・厩務員を養成する機関です。

デビューを目指す騎手候補生が日々訓練を行っているほかにも、現役の騎手や調教師なども技術研鑚のために研修を行っています。

このほか、地方競馬の競馬開催業務にかかる人材の研修なども行っています。

ここでは調教師課程に入るための受験資格や試験について紹介します。

 

調教師課程の募集要項

 

教養センター調教師課程募集は年に2回行われ、応募するにはいくつかの条件をクリアする必要があります。

 

応募の条件
  • 各地方競馬主催者からの推薦を受けた者

※推薦を受けるには年齢28歳以上、厩務員や騎手などを決められた経験年数を満たしているかなどの条件あり。

 

調教師課程の 試験内容

試験内容に関しては情報は一切なく、教養センターに確認しても公表していないとのことでした。

ただ、調教師になるための研修ですので、もちろん試験もそれに準ずる内容です。

とにかく推薦してもらえた事はそれなりの経験や能力を認められたという事ですので、まずはその事を自信に変え、試験に向けてしっかりと準備をすれば心配はないでしょう。

試験に合格できればようやく調教師課程に入ることができます。

 

調教師課程の研修内容

 

調教師課程は3週間の研修期間で修了となります。そのカリキュラムは具体的に発表されてませんが、調教師になるための研修ですので、専門的な知識、技術を学びます。

 

NAR調教師免許試験に挑もう

NARもJRA同様で調教師になるための試験は超難解です。試験に向けての参考までにここでは調教師免許試験の募集要項と試験内容について紹介します。

 

NAR調教師免許試験の受験資格

 

下記の条件を満たしていなければ試験すら受けることができません。

 

受験資格
  • 受験日に調教師の免許試験にあっては28歳以上の者のみ受験することが可能です。
  • 年2回の試験よって対象地域が異なるので自分が対象であるか否か。

※調教師課程を修了した人はその時点で受験資格は獲得していることになります。

参照:NAR調教師・騎手免許試験関係公示

 

調教師免許の欠格事項

 

次のいずれかに該当する者は、免許を受けることができません。

 

欠格事項
  • 精神の機能の障害により馬の調教又は騎乗を適正に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない者並びに破産者で復権を得ない者
  • 禁錮以上の刑に処せられた者
  • 競馬法、日本中央競馬会法、自転車競技法、小型自動車競走法又はモーターボート競走法の規定に違反して罰金の刑に処せられた者
  • 競馬に関与することを禁止され、又は停止されている者
  • 集団的に、又は常習的に暴力的不法行為その他の罪に当たる違法な行為で暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律施行規則第1条各号に掲げるものを行うおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者
  • 当協会の運営委員会の委員
  • 当協会の役員及び職員並びに地方競馬に関係する都道府県又は指定市町村(地方自治法第284条第1項に規定する一部事務組合であって都道府県と指定市町村とが組織するもの及び指定市町村が組織するものを含む。)の職員
  • 地方競馬に関係する馬主次のいずれかに該当することにより免許を取り消され、その取消しの日から5年を経過しない者
  • 禁錮以上の刑に処せられた者
    1. 競馬法、日本中央競馬会法、自転車競技法、小型自動車競走法又はモーターボート競走法の規定に違
    2. 反して罰金の刑に処せられた者
    3. 不正の手段により免許を受けたことが判明した者
    4. 免許証を他人に利用させ、偽造し、又は変造した者
  • その他競馬の公正かつ安全な実施の確保に支障を生ずるおそれがあると認めるに足りる相当な理由 がある者

参照:NAR調教師・騎手免許試験関係公示

 

受験申請に必要な書類

 

書類は地方競馬全国協会審査部免許課に郵送するか、又は駐在員に提出します。

 

申請書類一覧
  • 住民票記載事項証明書(締切期日前3カ月以内に作成されたものに限る。ただし、申請者 が本邦外居住者である場合には旅券又はその写しに代える。)
  • 念書(甲)(精神の機能の障害により馬の調教又は騎乗を適正に行うに当たって必要な認知、判断及 び意思疎通を適切に行うことができない者並びに破産者で復権を得ない者に該当しない旨を記載して 記名押印し、又は署名したもの。)
  • 念書(乙)(禁錮以上の刑に処せられた者及び競馬法、日本中央競馬会法、自転車競技法、小型自動 車競走法又はモーターボート競走法の規定に違反して罰金刑に処せられた者のいずれにも該当しない 旨を記載して記名押印し、又は署名したもの。)
  • 身体検査書(締切期日前3カ月以内に作成されたものに限る。)
  • 競馬法遵守の誓約書及び個人情報の第三者提供に関する同意書
  • 履歴書
  • 写真(端正な服装をした正面上半身脱帽の写真(縦30mm、横24mm)で締切期日前3カ月以内に撮影されたもの。裏面に氏名を記載すること。

参照:NAR調教師・騎手免許試験関係公示

 

NAR調教師免許取得の試験内容

 

試験は一次試験と二次試験があります。その両方に合格することで免許交付となります。超難解ですので簡単に試験内容を紹介します。

 

一次試験
  • 身体検査
    • 受験の申請で提出した身体検査書で審査
  • 筆記試験(学力)
    • 試験の内容は競馬関係法規、労働関係法規及び一般常識の中から出題
  • 筆記試験(技術)
    1. 馬の飼養及び調教に必要な技術並びに調教師補佐、騎手及 びきゅう務員の指導に必要な知識
    2. 調教師の業務に関する識見
  • 小論文(技術)
    • 調教師の業務に関する職権
  • 人物像
    • 上記欠格事項に該当しているか否かを調査書類に基づき審査

参照:NAR調教師・騎手免許試験関係公示

一次試験に合格した者のみ二次試験へ

二次試験
  • 身体検査
    • 視力及び運動機能の審査を行います。
  • 実技試験
    1. 鞍、頭絡、交突予防帯等の装着その他調教のために必要な 基本技術
    2. 課題に従った基本騎乗
  • 口頭試験
    1. 馬の飼養及び調教に必要な技術並びに調教師補佐、騎手及 びきゅう務員の指導に必要な知識
    2. 調教師の業務に関する識見
  • 人物像
    • 面接試験

参照:NAR調教師・騎手免許試験関係公示

  

NAR調教師免許試験の合格基準

 

下記1〜4の要件を全て満たす必要があります。

 

合格基準
  1. 身体検査
    • 視力が両眼0.3以下の者
    • 色別力が業務を行うのに著しい障害のある者
    • 聴力が業務を行うのに著しい障害のある者
    • 運動能力及び健康状態が業務を行うのに著しい障害のある者

※上記に記した者のどれにも該当しないこと

  1. 筆記試験(学力
    • 成績が 100点満点で60点以上の者であること。
  1. 人物像
    • 上記に記した欠格事項に該当しない者であって、面接試験の成績が100点満点で60点以上の者であること。
  1. 技術試験
    • 【一次試験】調教師又は調教師補佐にあっては、筆記試験及び小論文の成績がそれぞれ 100点満点で60点以上 の者、騎手にあっては、筆記試験の成績が 100点満点で60点以上の者
    • 【二次試験】調教師又は調教師補佐にあっては、口頭試験及び実技試験の成績がそれぞれ 100点満点で60点以上の者

 

これらの基準を満たしていた場合、合格となるわけです。その後、手続きを行い免許交付となります。

※免許証の交付を受ける際は手数料2000円が必要ですのでお忘れなく。

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

ここまで来れるのは、本当に一握りの人達だけでしょう。

これだけ読むと、なんだか愕然としてしまう方も少なくはないと思います。

しかし、「調教師になりたい!」「夢を掴みたい!」という気持ちがあるのなら、その気持ちを忘れることなく、大きな夢と希望を胸に、失敗しても何度も挑戦する諦めないど根性で、この記事を読んでくれた方が挑戦しくれることを強く願います!

ファイト!!

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして、こんにちは!
ハタ楽ブログ管理人のモーリーです。
普段は障害者、高齢者、社会に馴染めない人たちへの支援活動を行っており、その経験を通して学んだ知識を人の役に立てるようブログを活用して発信していきます。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • ひどい記事。
    調教師と厩務員の区別が全くわかっていない。
    競馬関係者だがこんな無茶苦茶な説明されたらたまったもんじゃない。

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる